未分類

倍速で仕事するための修行法

入山です、

 

あなたの仕事のスピードは倍にできます。

 

スピードが倍になれば、

生産性も倍です。

 

その分、収入を倍にしてもいいし、

稼働時間を半分にしてお休みしてもいいです。

 

ハッピーですよね。

 

今日は、そのための”修行法”をお伝えします。

 

「えー。簡単3ステップで可能な

 即効性のある技を教えて下さいよー。」

 

という声が、

 

世界中で殺到するといけないので

先にいっておきますが、、、

 

そんな技術に価値は無いです。

 

僕がテキストでブログに書いて

あなたがすぐ使えるほど、

 

それほど再現性が高い技は

 

おそらく『超』具体的です。

 

具体的だと応用が利きません。

 

応用が利かないと、

すぐに使えなくなります。

 

せいぜい「三日天下」です。

 

一方で、

 

今回みたいな”修行法”を身につければ、

未来永劫、何の分野でも応用が利きます。

 

未来永劫。

 

良い響きですよね。

 

あなたは自分で既に習得しているスキルや知識と

今回の修行法を混ぜて使うことで

 

どんどん進化を加速させることができます。

 

さて、

 

では修行法をお伝えします。

 

準備はいいですか?

 

それは、、、



“制約”です。

 

進化するための修行法には、

 

”制約”と“封印”という

2つの概念があります。

 

今回はそのうちの“制約”です。

 

「セイヤク・・・?」

 

聞き慣れない方も多いと思いますが、

 

僕が主催するコミュニティである

イントゥザワイルド(ITW)では

どちらも解説しました。

 

だから、

 

このブログ記事を読むITW会員さんは

今頃ニヤリとしていると思います。

 

修行法では、

 

自分で自分に負荷をかけます。

 

“制約”では特に時間を制限します。

 

例えば、

 

「私はセールスができます」

 

といっても、クロージングに

毎回1時間や2時間もかけていたら、

 

時間や資産は有限なので、

伸びしろがないですよね。

 

そこで、修行の一環として

 

「30分でセールスする」

 

と自分で決めて、制約をかけることで

本質的な的を得たフレーズしか

話せなくなり、セールスが上達します。

 

ただし、注意すべきは

 

(誤った例)

×30分で終わらせるために

メチャクチャ低品質な仕事をする

 

ではなく、

 

(正しい例)

〇品質を維持しながら

30分で終わらせようとする

 

を意識することです。



「上手くいっているけれど

 長い間、スキルが向上していない」

 

という人は結構います。

 

そういう人は、”制約”をしていないのだと思います。

 

あなたは何分ぐらいでセールスしていますか?

 

試しに、その半分の時間を目指しましょう!

 

ビジネスの最初はとにかく稼ぐこと

が目的だと思います。

 

『セールスは決まればOK(最初だけ)』ですよね。

 

セールスの成功体験が何度かできたら

制約をしていきましょう。

 

自分で負荷をかけることで

頭がクリエイティブになり

質を高めることができます。

 

「どれくらい話しても良いから売るんだ」

「長時間話したからセールスできた」

 

最初はそれで良いですが、

実は無駄なことを話していて

相手の核心が見えていないから

遠回りしているだけです。

 

例えば、もし今あなたがセールス

1件あたり1時間30分かかるなら

45分にしてみてください。

 

すると、

 

変な例え話や長いエピソードトーク等

無駄な事は言えません。

 

深い言葉で相手の進化を早めたり、

短い時間でクロージングまでしたり、

 

より深い話をする必要が生じます。

 

より深い言葉や興味深いエピソードを

あなたが話すほと、相手はあなたに

価値を感じるようになります。

 

短い時間でセールスしようとすると、

 

結果として、

 

より尊敬されて、高い物が売れて

長期間継続して購入されるようになります。

 

僕はPCショップでセールス修業をした頃

 

クロージングは笑顔で一言

「買って下さい」というだけでした。

 

商品の説明は少ししますが、

クロージングは一言でした。

 

自分で負荷をかけるかどうかが

成長できるかどうかの違いです。

 

また、 

 

勿論セールス以外も同じ要領です。

 

知り合いに「半年60万円」で

毎週コンサルをすることで

お金を得ている人がいますが、

 

ずっと時間貧乏で忙しそうです。

 

例えば、毎週ではなく

月に2回のコンサルに減らすと決めれば

 

1回の中で要領よく効率的にしないと

いけなくなります。

 

これが良い刺激です。

 

月に2回だけで強烈な価値を提供できる

ようになれば、質も上がっているので

商品価格も上げられます。

 

もしお客さんが満足していなければ、

その分教材を充実させてフォローする

などの対策もできます。

 

自分で制約をかけて質を高めようとする

ことが大事なのです。

 

すると、

 

普段のお客さんとの関係構築や

発信の内容なども変わってきます。

 

時間貧乏や自由がない人は

時間や資産を垂れ流しています。

 

「これだけしか使わない」

 

と決めて、決めたことを守る。

 

封印や制約は自分との戦いです。

 

この自分と向き合い戦う力には

大きなリターンがあります。

 

是非やってみてください。



入山彰介



追伸:

 

少し話題に出ましたが、僕が主催するコミュニティ

『イントゥザワイルド(ITW)』では、

 

毎日、今回以上に密度の濃い音声データが届く上に、

毎週ペースでまとまったコンテンツも配布しています。

 

超オススメです!

 

が、

 

実は普段は募集しておらず、ときどき、

期間を設けて募集しています。

 

まだ次回の募集予定日は決めていないのですが、

興味がある方は『イントゥザワイルド興味あります(件名)』で

メールいただければ、優先的にご案内します。

 

メール先:

support@iriyama-shosuke.com

 

ではまた!

 

      

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です