丹東着いてます!

1枚目の後ろに見えるのが
西側からみた北朝鮮です。

ここまで、
10キロ以上歩いた。

荷物が15kg以上あるんで
良いトレーニングになってます。

3ヶ月後にはムキムキになる予感。

【ボラれ、優しくされ、騙され、自己嫌悪】

大連港近くで行き先を失う。

丹東に行きたいけどどこにいけば?

とりあえず、
せっかくなので大連港に写真を撮りに行く。

この旅初タクシー。
何故なら基本タクシーは禁止ルール。
が、今回は早朝なので仕方ない。
15元。あとからボラれた事に気づく。悔しい。

港に到着。もう並んでました。

そこから、丹東行きの高速バスを探して
大連北崗橋バスターミナルへ。

またタクシー。
他に移動手段ないし仕方ないとしよう。

今回は警戒。先に値段きいて値下げ交渉。
プレート倒したらメーターが
スタートする仕組みだったのか。
疑って申し訳ない気持ち。

到着。平気でお釣り誤魔化してくる。講義。
紙幣は返してきたが、硬貨は返してくれない。
まあいいかと思ってしまう。
いや、これじゃダメだ。
強く言えない自分が情け無い。

中国にきてから、
ローカルな飯屋にタクシーに
ぼられまくっている気がする。
意見したいのに、言葉が通じない。

気が弱くなってる感じがする。
そんな自分に自己嫌悪、

気を取り直して
バスの予約をしよう。

「今日は無い」
えー!嘘でしょう。

参った、、、
大連駅へ行ってみるか。

またタクシー。
今回はいい人だった。

駅できく。
「高速鉄道にのれ」
丁寧に教えてくれる。優しい。
こういう人も多い。

でも新幹線は避けたい。
極力少しでも遅いローカル線で行く旅だから。

だれにきいても新幹線を教えてくる。
ネットも新幹線。
高速鉄道ができてからはもうバスはないのか?

散々探す。みんな
「電車でいけ」
うーん、なんとかバスでいきたいのに。

大連駅周辺をたらい回しにあって
参っていたら、ふと声をかけられる。
タクシーかツアーの呼び込みか?

「丹東駅にバスで行きたい」
という紙をみせる。
この動作は慣れてきた。

「知ってるよ」
え?本当に?ありがたい。

、、、いやまて。
騙そうとしている可能性もある。

「いくら?」
「200元」

日本円で約3400円。
フェリーがそれくらいだったかは
5時間の高速バスはそんなもんか?
もう1人きた。

騙そとしている目に見える。
あの屋台や昨日の食堂でみた、
バカを嘲笑いながら優しい振りをする目だ!
そんな気がする。
でも他に手がかりもないし、、、

「待て、待て、待て。不安だ!
タクシーじゃないのか?」

違うバスだ。

「じゃ、チケットをみせろ」
行けばわかる。

怪しい、、、けどバスにのるから
着いていくしかないのか?

「先にトイレに行く」

トイレきた。調べる。
地下だから圏外。ちくしょう

戻りがてら大連→丹東、調べてもでない。
もうかけてみるか!

最初の人が繋げたおじさんが待ってる。
着いてこいと。結構歩く。
そんなに遠いの?駅の反対側だった。
親切だな。

着いた。200元払う。
隠れて運転手に払ってる。
やっぱ手数料乗せてた!
チップと思えば普通?
いや、結構のせたんじゃないか?

また騙された。
何て言えばいい?
もうサービス受け取ってるし。

くそー情け無いし。

とりあえず乗り込む、
バスには乗れた。
お客ぼくだけ?

運転手に何時に出発かきく。
11:30だ、
今8時なんだけど、、、

くそー、騙された。
というかまたぼったくられた。

やっとネット繋がった。
調べたら新幹線が110元くらい、、、
倍支払って出発3時間前のバスに
1人だけ座ってる自分。

情け無すぎる

腹ただしいし、情け無いし、
悔しいし、惨めだしで涙ぐむ、、、
気力がごそっと削られた

バス、暖房すらかけてくれない。寒い。

まだ感情はあらぶってるけど、
この経験と学びを買ったと思うと全く高くない。
この2時間でまたかなり成長した気がする。

いつも、
僕はそうやって考える事ができる。
そういう癖になってる。
それが強みだと思ってた。
だから基本的に怒らないし後悔しない。
そもそも自己責任だし、

でも中国や先月のフィリピンでは違う。
おおらかでリラックスしてるとボラれる、
掠め取られる、騙される。

世界の中での自分の在り方をみて、
国や文化、相手によって自分を変えないと。

相手をよく観察して、自分を柔軟にしろ、
武術と一緒。
全てはコミュニケーション、
普段教えてる事なのに。早速できてない。

自分の未熟さを痛感する。
気が弱い、機転がきかない、
卑屈、意見ができない、
自分のそんな側面が浮き彫りになって
また騙される。
アウェイで弱くなっているのもある。

そんな自分への戒めにこの時間を罰としよう。
5時間以上のバス移動、
途中でトイレに行きたくなるのも嫌だし
朝も昼も食事を抜こう。

結局このバスはいくらだったのか?
50元くらいか?100元?1700円くらいボラれた?

100円くらいいいかと思うと
際限なく騙され続ける。
盗みと悪意ある値段の上乗せは何が違うのだろう

あと出発まで2時間半、
到着まで7時間。
自分を省みる時間には充分だ



入山です。
    
僕が考える21世紀のビジネスマンに
必要なスキルをシエアします。
    
実は今セブに英語留学しています。
あまりにもできないので、情けなくて
ついに留学しました。
    
といっても2週間なのでペラペラに
なるわけでもないのですが、
感覚的につかめてきています。
    
少しセブ留学について話します。
    
毎日朝6時に起きて
身支度を整え、用意されている
朝食をとったら
すぐに英語の授業が始まります。
    
もちろん日本語はまったく無く
英語で英語を教えて貰います。
    
これがなかなか頭が回転し、
脳が痺れるほどの刺激を受けます。
    
昔何かの本で読んだのですが
赤ちゃんは文法を覚えたり単語を暗記したりして言葉を覚えない。
    
目の前のシチュエーションと
そこで行われる会話を記憶し理解していく。
とありました。
    
この考え方が根本にあり
あえて予習も復習もせずに
先生が身振り手振りや、英語での他の語彙で
説明してくれる事だけで覚えていきます。
    
すると、不思議と
言っている事が分かってきたり
咄嗟に言葉が出るようになってきました。
    
英語の教科書を使って
パートを分けて読み合いっこするのも
俳優時代の台本を使った
読み合わせを思い出して楽しいです。
    
実践、たった2週間ですが
確かな成長を実感し
今まで受けた事のない刺激を楽しみながら
進化していっています。
    

    
で、僕が考えるビジネスマンに必要な
スキルは、ズバリ語学。
    
そして国際感覚、ITです。
    
もっと簡単に言うと、英語とネットです。
    
私は師のエリートクラブというのに
所属しています。
    
所属している皆さんは本当に勉強家
ばかりです。
    
海外にもかなりでかけています。
    
Hさんどこいるのかな?
ドバイじゃないかな。
    
Kさんは今どこ?
コロンビアだと思うよ!
    
みなの会話はこんな感じです。
    
英語は話す書く聴くなどどのスキル
が必要なのかといえば、
    
相手と意思疎通ができる。
ネットで海外情報を拾える。
こが重要です。
    
日本で成功している人はいち早く海外で
流行っているアプリや仕組みを
取り入れています。
    
そしてお金に換金しています。
    
しかし、実際に僕の仲間が英語を
流暢に使いこなせるかというと
そうでもありません。
    
しかし、みなさん意思疎通はできます。
師は英語のプロに海外情報を拾って
もらっています。
    
市場を海外に広げれば、
海外のバイヤーともやり取りを
していかねばならなくなります。
    
その場合Eメールでジョークの一つでも
言えないと話になりません。
    
こいつ面白い!
と思われたらビジネスはうまく行きます。
    
面白がられるとレスポンスも
早くなりビジネスが加速します。
    
英語やりましょう。
そして海外にたまに行く。
    
国際感覚やセンスが磨かれます。
では、ネットについてですが
英語の授業になってしまったので、
    
次回くわしくお話しますね!
    
シゲ!(またねの意味)
    
追伸
    
フィリピンではリサイクルショップが
大流行です。
    
日本の使える中古製品はフィリピンに
輸出ですね!

セブに到着!
    
昨日の会は素晴らしかった。
    
弾丸プランでしたが
多少の無理を通してでも
参加して本当に良かったです。
    
沢山写真を撮りたかったけど、
参加者に大物が沢山いすぎて写真NG笑
    
また心に非日常的な体験を刻みました。
    
そしてセブでの時間もあと、
今から丁度1日半!
    
思いっきり楽しみきります!
、、、あと勉強も笑

未来の働き方、未来の棲家が
作られる街ポートランド
     
入山です。
     
世界への旅が近づくに連れ、
ワクワク感が募ります。
     
今日はポートランドの話をします。
     
なぜ、ごく普通の田舎町がアメリカで
最も住みたい街に選ばれたのか?
     
アメリカ西海岸オレゴン州に
「ポートランド」という小さな
町があります。
     
広さは東京都の半分。
     
ニューヨークのように派手なビルがある
大都会ではなく、川底が見えるほど
水が綺麗な川や、
だだっ広いぶどう畑などの大自然に囲まれた
どこにでもある地方都市です。
     
実は今、
このポートランドがアメリカ、
そして日本でも話題になっています。
     
理由は3つあります。
     
理由1:50ドルが250ドルで売れる
     
「そんなバカな!」と思うでしょう、
僕も同じでした。
     
ポートランドは
50ドルを250ドルで売るような
斬新なビジネスアイデアが生まれる街です。
     
あなたに現地での事例を1つ紹介します。
     
ポートランドのダウンタウンに
「ACE HOTEL (エースホテル)」
という人気No.1ホテルがあります。
     
20年前までは1泊50ドルの古いモーテル。
     
その内外装を地元の若いデザイナーたちが
お洒落にカッコよくデザインし直した結果、
今では1泊250ドルにまで値段を上げています。
     
リノベーションさえすれば高く売れる、
という単純な話ではなく、
エースホテルに老若男女が集まり
交流しあえるようなコミュニティ
を作り上げたこと。
     
音楽やアート、ファッションが融合した
遊び心のある新しいカルチャーの
発信地になったことが、
値段を5倍に引き上げられた
秘訣だと言われています。
     
このACEホテルは世界中で
真似をされています。
     
リノベーションや
リサイクルという発想はもう古いです。
     
ポートランドの起業家は
エースホテルのように古いものに
付加価値をつけて高く売るビジネスモデル
をアップサイクル
(英:up-cycle)と呼んでいます。
     
ゴミを宝に変えるヒントが
ゴロゴロ転がっている。
     
これがポートランドの魅力の1つです。
     
アップサイクルという言葉は、
あと1年もすれば日本でも
流行るので今から使って下さいね。
     
次に進みます。
     
理由2:消費税0%
     
おっと、内容がすごく濃いので
書ききれません。
     
ポートランドのすべてを
レポートにまとめました。
     
以下のFBに登録すると、
ポートランドを始め、世界の差先端の国の
情報が見れます。

で、登録するとポートランドレポート
完全版も手にはいります。
     
世界を知ることって本当に
大切だと思います!
     
では!

【ポートランドレポート】
https://www.facebook.com/groups/205201510372652/

シノログ祭り半端なかった。

服に顔に汚されたおしました。

熱気にテンション上がってタトゥー入れました。

漂流する高齢労働者たち
     
入山です。
     
2月1日から「ノマド」生活に入ります。
ノマドとは英語で「遊牧民の意味です。
     
近年、IT機器を駆使してオフィス
だけでなく様々な場所で仕事をする
新しいワークスタイルを
指す言葉として定着してきました。
     
このような働き方を
ノマドワーキングといいます。�     
ノマド誕生の背景には、情報化社会と
それを支える技術の進歩があります。
     
ところで、ノマドと聞くと若者をイメージ
しないでしょうか?
     
若者がスターバックスや、シエアオフイス
などで自由気ままに働くイメージです。
     
僕はそう感じていました。
     
最近ある本を読みました。
ずばり「ノマド」というタイトルの本です。
     
そこには驚きの真実が隠されていました。
     
ノマドとは、漂流という意味が
あるのですが、アメリカでは家を
なくしたり、事情があり手放した人が、
     
車で仕事のあるところを転々とする
ことをノマドの言っています。
     
アメリカのアマゾンの倉庫に行くと
高齢者が深夜勤務をしています。
     
車輪のついたカートを押して、
商品を棚に収めながら、
コンクリートの床の上を何キロも
歩き続けます。
     
正確に慎重に仕事をしないと、
すぐに解雇されます。
     
彼らは、夜働き朝になると小さな
トレーラーに帰って眠ります。
     
アマゾンは彼らのような
ワ~キャンパーのために停泊地として
いくつものRVパークと契約している
そうです。
     
彼らは「路上に希望がある」と
思っています。
     
定住する家には住めないけど、
車に乗り仕事のあるところに行き、
     
行く先々で同じような人と出会い
飲んで騒いで働いて・・・
     
もし、車が壊れたりしたらキャンプ地で
帽子を回し寄付を募り、
そのお金で修理をするそうです。
     
友人や家族との再会を、
あるいはただ単に温かい場所を求めて、
あるいは大陸横断という夢を追いかけて・・・
     
働いて、寝るために車に戻る。
     
RVキャンプ地、トラックステーション、
ウォルマートの駐車場などを
点々としながら。
     
自分が車を停める場所こそが
アメリカ最後の自由の地だと
信じているのです。
     
僕はそのような生活があることを
知りませんでした。
     
日本も高齢化が進み世の中は
大きく変わるでしょう。
     
父も母も高齢者です。
     
僕自身もいつかは年をとり
高齢者になります。
     
他人事とは思えません。
     
日本でもリタイヤした人たちが
軽自動車を改良し寝れるようにして、
日本中を漂流している。
     
そんな姿をテレビで見ました。
     
公園などで生活する高齢者もいます。
     
高齢労働者は今後飛躍的に
増えるでしょう。
     
アメリカのノマドをもう少し
研究してみます。
     
何かしら明るい未来がみえるかも
しれません。
     
アメリカに渡るのは今年の後半に
なると思いますが、その辺も
しっかりレポートしていきます。
     
未来・戦略会議/入山

もう受け取りましたか?
    
人が望む成功の形を実現するには
進化の情報が不可欠です。
    
そして世界には、
あなたがまだ出会っていない
あなたの成長を飛躍させる情報が
たくさんあります。
    
だけど、
     
今すぐあなたが世界に出て
最も必要な情報を手に入れるのは
現実的に考えるとかなり大変ですよね。
    
僕が変わりに世界を回って
役だつ情報やユニークな話を
共有します。
     
かなり刺激的な話や
表に出せない裏話も
惜しみなく公開していきますので
     
いますぐ秘密のFBグループに入って
情報を受け取れるようにしてください。
     
まずは早速、先日行ってきた
「エストニア」での
気づきをまとめたレポートを
FBグループに入っている仲間だけに
公開しようと思います。
     
エストニアは面積こそ狭いものの
世界でトップクラスのIT国家で、
ビジネスのスタートアップも盛んです。
     
現地の尖った企業をいくつも見学するうちに
ある気づきを得ました。
     
その要点をまとめたレポートを
プレゼントします。
     
一緒に未来を想像する為の
世界中の情報を共有して会議しましょう。

【秘密のエストニアレポートを受け取る】
https://www.facebook.com/groups/205201510372652/

入山です。
    
2月1日から世界の旅に出ます。
今はセブで英語の特訓中です。
    
2週間で話せるようになるとは
思っていませんが、
かなり行ける感じはあります。
    
元々、語学に関しては
センスがいいと思っています。
    
日本語の扱い方にも注意をしています。
それはさておき、
僕からの情報を期待してください。
    
世界の旅であなたに「未来」
をお届けします。
      
さて、僕の情報は主にFBでしていきます。
なので、そちらに登録をお願いします。
    
今登録してくれると、
「エストニアレポート」
を差し上げます。
    
エストニアは、あの大国ロシアと
真っ向から対決している国です。
    
日本のように逃げ腰でも、
弱腰でもありません。
    
なぜ、エストニアは強いのか?
なぜ、IT国家として数年で成功したのか?
をまとめたレポートがあります。
    
今FBに登録してくれると
希少価値の高い「エストニアレポート」
をなんの制約なしでプレゼントします。
    
では、以下からFBにご登録してください。
過去記事もかなりしっかり
書いてあるのでお読みください。

【秘密のエストニアレポートを受け取る】
https://www.facebook.com/groups/205201510372652/

昨日の夜から今日にかけて、
EVOの仲間で和歌山県で整体院を営む
梅原さん宅にお邪魔してました!
    
一緒に晩御飯を食べてから
仕事や将来について
様々な濃いお話ができました。
    
特に印象的だったのは
施術についての姿勢。
    
僕も治療家の息子で武術も嗜みますので
身体の話は好きなのですが、
    
梅原さんの治療技術に対しての
勉強意欲は貪欲で、
    
システマや心理学、
そしてコンサルの技術を応用した理論を
積極的に吸収しようとする
勤勉な姿勢には頭が下がりました。
    
そのモチベーションの根源には
心の底から患者さんの改善、そして
その先の幸せを願っている想いが
言葉の節々に現れていて
思わず拝みたくなりました。
(髪型のせいではありません)
    
気づいたら夜中まで
仕事やスキルの話を話込んでいて
修学旅行のような興奮を味わいました。
    
美しいBGMに心地よく目を覚まして
とってもヘルシーで健康的な
朝食をご馳走になったのち、
最寄り駅に送って頂きました。
    
本当に良くして下さりありがとうございます。
    
電車にのった今、
ひとつ心残りがある事に気付きました。
    
施術、受けてみたかった。
    
背術室に泊まらせて頂いたのですが
感謝の手紙や喜びの声の量が凄いんです。
    
かなり気になるので次にお会いした時には
整体も頼んでみようと思います。
    
和歌山県在住の方は、
癒し系整体師 梅原さんの施術を
一度受けてみることをオススメします。
    
梅原さんはEVOの仲間ですので
この記事を読んだと伝えれば
なんらかの特典を付けてくれると思います。笑
    
では、
自動改札ではない人力改札(はじめてかも?)
を通って、2両だけのローカル電車で
ゆったりと奈良へ向かおうと思います。