未来の働き方、未来の棲家が
作られる街ポートランド
     
入山です。
     
世界への旅が近づくに連れ、
ワクワク感が募ります。
     
今日はポートランドの話をします。
     
なぜ、ごく普通の田舎町がアメリカで
最も住みたい街に選ばれたのか?
     
アメリカ西海岸オレゴン州に
「ポートランド」という小さな
町があります。
     
広さは東京都の半分。
     
ニューヨークのように派手なビルがある
大都会ではなく、川底が見えるほど
水が綺麗な川や、
だだっ広いぶどう畑などの大自然に囲まれた
どこにでもある地方都市です。
     
実は今、
このポートランドがアメリカ、
そして日本でも話題になっています。
     
理由は3つあります。
     
理由1:50ドルが250ドルで売れる
     
「そんなバカな!」と思うでしょう、
僕も同じでした。
     
ポートランドは
50ドルを250ドルで売るような
斬新なビジネスアイデアが生まれる街です。
     
あなたに現地での事例を1つ紹介します。
     
ポートランドのダウンタウンに
「ACE HOTEL (エースホテル)」
という人気No.1ホテルがあります。
     
20年前までは1泊50ドルの古いモーテル。
     
その内外装を地元の若いデザイナーたちが
お洒落にカッコよくデザインし直した結果、
今では1泊250ドルにまで値段を上げています。
     
リノベーションさえすれば高く売れる、
という単純な話ではなく、
エースホテルに老若男女が集まり
交流しあえるようなコミュニティ
を作り上げたこと。
     
音楽やアート、ファッションが融合した
遊び心のある新しいカルチャーの
発信地になったことが、
値段を5倍に引き上げられた
秘訣だと言われています。
     
このACEホテルは世界中で
真似をされています。
     
リノベーションや
リサイクルという発想はもう古いです。
     
ポートランドの起業家は
エースホテルのように古いものに
付加価値をつけて高く売るビジネスモデル
をアップサイクル
(英:up-cycle)と呼んでいます。
     
ゴミを宝に変えるヒントが
ゴロゴロ転がっている。
     
これがポートランドの魅力の1つです。
     
アップサイクルという言葉は、
あと1年もすれば日本でも
流行るので今から使って下さいね。
     
次に進みます。
     
理由2:消費税0%
     
おっと、内容がすごく濃いので
書ききれません。
     
ポートランドのすべてを
レポートにまとめました。
     
以下のFBに登録すると、
ポートランドを始め、世界の差先端の国の
情報が見れます。

で、登録するとポートランドレポート
完全版も手にはいります。
     
世界を知ることって本当に
大切だと思います!
     
では!

【ポートランドレポート】
https://www.facebook.com/groups/205201510372652/

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA